tosapyのHP   サイトマップ

オセロのルール - 初手(1手目)

オセロは黒と白に分かれて2人で遊びます。初手は黒番です。
白石を黒石で挟めるところに黒石を置くことができます。
初手は図1の黄色い丸で示している4カ所に置くことができます。

図1:初手をおける場所

4カ所のどこにおいても対象の関係なので、どの手がいいということはありません。慣例的にルールや戦術を説明するときは図2の位置に置かれます。

図2:初手を慣例的に置く場所

初手を置いた後は図3のようになります。間にあった白石を黒石にひっくり返します。

図3:初手を打った直後

黒番が終わったので、次は白番になります。元からおいてあった白石と、今から置く自分の白石で黒石を挟んで白にひっくり返せるいずれかの位置に自分の白石を置きます。
白番が終われば、黒番のように交代していき、最終的に色の多い方が勝ちです。

2手目の前に - オセロ盤での位置の指定(座標)に続く

関連リンク